2018年現在私見, 分かり易さと網羅性を重視した物理の参考書問題集のまとめ

※ 以下,自分が所持している本で旧課程の物は旧課程版のタイトルで挙げますが,改訂版でも問題無いと思います.

大学入試用の物理の参考書問題集ですが,あくまで分かり易さと網羅性を重視すると,
基本: 名問の森
発展: 駿台文庫の分野別問題集
で入試に出て来るテーマは大体網羅出来ます.
名問の森は,問題文が原文より省略気味で有る事に注意して下さい.類題なのに問題文が回りくどい言い方に成っていたが為に模試で点数が取れ無かったと言う事も往々にして起こり得ます.尚,巻頭言には難関大志望は★までと有りますが,★★まで完璧にし無いと勝負に成ら無いと思います.

・為近の物理基礎&物理 物理問題集 All in ONE
も捨て難い.上記 2冊と被ってい無い問題が多々有りますし,量が多くレベルも幅広いのでこれ 1冊で済ます手も有りかも知れません.フォントも直ぐに慣れます.

但し,問題集の問題を解く事ばかりに執着し無いで下さい. 1見,目新しい設定に悩まされ無い様に過去問の研究も徹底して下さい.

余裕が有れば,坂間の物理.短文章の問題が多く,例題解答解説と言う構成で見開き完結.インターネット通販でしか入手出来ず,発送まで時間が掛かる場合が有るので購入する成ら御早目に.

読み物としての参考書は,新・物理入門


基本を 名問と書いてしまったのですが,自分はそう言う認識でした.しかし名問は世間では標準的な難易度です.本当のド基礎を私はどうやって学んだのかと言うと,為近の物理1・2 合格へ導く解法の発想とルールシリーズの 2冊,漆原本,浜島氏のエッセンスで学んだのだと思います.

微積を用いた物理は,田原氏の大学入試完全網羅 日本一詳しい物理基礎・物理の解き方が入門に良いと思います.微積を用いた物理を扱った本はどちらかと言うと理論の説明に終始してしまいがちですが,この本は問題を通して学ぶと言うコンセプトで答案でドット表記を用いたりしているからです.


以上はあくまで個人的な意見です.敢えて硬めの有名問題集を使う事で自分で考えた方が記憶に残ると言う考えが有る事も理解していますし,そちらの方が正しいかも知れ無いと言う事は念頭に置いて置いて下さい!


他,大学入試の物理の問題を動画で解説している website:
http://daigakunyuushikouryakunoheya.web.fc2.com/

Post a comment

Private comment

プロフィール

A6033x

Author:A6033x
数検1級取得しました.
個人的な連絡は,hermitvseinsiedler@_@gmail.com
まで(@_@は@に置換すること).
あまり見ないかも知れないのでその場合は twitter の方へ.
twitter:https://twitter.com/A603zw
そもそもネット接続自体減らして行く事になりますが...

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR