2018年現在私見, 化学のお薦め参考書問題集

東大志望の場合,
 重要問題集 -> 教学社の27ヵ年 or 駿台文庫の25ヵ年
が最短だと思います.

・理系大学受験 化学の新演習―化学基礎収録
東大模試で類題が出された場合は効果抜群です.

・新理系の化学問題100選
解法にも影響を受けた部分は有るのでこれも挙げて置きます.

・京大化学25ヵ年
これは良質な問題が勢ぞろいしております.東大程計算が大変では無いですし.
重問と過去問が基本ですが,それに何かを追加するとすればこれでしょう.
東大の過去問が難しかったら京大の 25ヵ年をやって見ると言うのも 1つの手です.

化学は見慣れ無い設定の問題が幾等でも出題される様な印象も有るかと思いますが,知識量としては,重問,新演習,東大と京大の 25ヵ年,この 4冊と後は模試問で得られる物で充分とするのが現実的な所だと思います.(重問と過去問が最短だと書いたので,実際もっと少ない知識量でも高得点を取れる人は取れるだろうと思います)

参考書としては,化学の新研究―理系大学受験です.最近類似の本が色々と出ていますが,網羅性は新研究が 1番です.重要な所だけをピックアップして伝える事やカラーで有る事にも需要は有る事は理解していますが,化学は問題を通して学ぶと言う姿勢が大事なので新研究も通読する必要は無く,その時間を問題演習に使った方が良いと思います.

絶版ですが,
・即効 化学計算問題でるとこだけ! (合格文庫 47) 西村能一(著)
これは気体・溶液の図の描き方がレクチャーされているのが良いです (現行の本で同じ事が書いて有る物は無かった) .
・大宮理の化学が面白いほどわかる本 (理論・無機・有機)
私はド基礎はこれで学びました.男女の恋愛への例え等は私は秀逸だと感じましたし,情報量もコバルト,ニッケル,白金,エチレングリコールの製法や新研究にすら載ってい無いコバルトの錯イオンのカタカナ表記も有ったので,情報量としては Do 3部作よりも多かった.語呂合わせの量も Do より若干多かった.今は改訂されて著者が変わってしまい,赤文字が目に眩しいだけの参考書に成ってしまいました.

2018年現在の化学の基礎を学べる参考書は,照井式, Do, 宇宙一わかりやすい, 面白いほど等色々有りますが,私の目にはどれも大差無い様に感じました.いきなり重問に取り組めるので有ればそれが 1番ベストです.

・大宮理の化学化学I・II明快解法講座―合格点への最短距離 (大学受験Do Series)
1冊で全分野をそこそこのレベルまで良解法を明示している問題集ですが,これも絶版.

Post a comment

Private comment

プロフィール

A6033x

Author:A6033x
数検1級取得しました.
個人的な連絡は,hermitvseinsiedler@_@gmail.com
まで(@_@は@に置換すること).
あまり見ないかも知れないのでその場合は twitter の方へ.
twitter:https://twitter.com/A603zw
そもそもネット接続自体減らして行く事になりますが...

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR