繰り返しで最重要なのは 1セットの間隔

問題集を何周した,単語帳を何周したと言う事は良く話題に成ります.ですが,繰り返しで重要なのは,1セットと 1セットの間の間隔です.有る範囲を復習する時は,1日1周とし,睡眠を挟むのが良いです.

自分の場合は最低限の周回数は 6-10周位で,論理的要素の強い科目と暗記的要素の強い科目で異成り,暗記的要素の強い科目の方が多く成ります.例文暗唱だと最低 30-40周位ですね.理数科目は 2周目以降は自分が大丈夫な問題は必ずしも書く必要は無く,見て復習です.

例外的に学び立ての頃は,有る範囲が終わったら直ぐ 2周目に入ると定着しますが,その場合には全周回数には入れ無い事で対応します.又直近に試験が有る場合等,1日に 2周以上せざるを得無い場合が有りますが,その場合も,朝・晩となるべく感覚を開けた方が良いと思います.

自分が受験勉強で 1番失敗したと思うのはこの事に気付くのが遅すぎた事です.ヒトは忘れる生き物です.ですが,これだけで記憶を少しは長く定着させる事が出来る様に成ると思います.



[勉強に役立つフリーソフト]
古ーい過去記事にも書いた気がしますが,初めてこの weblog に来られた方にも分かる様に改めて書きます.但し,Windows の PC 用です.

・100マス夫さん
https://www.vector.co.jp/soft/win95/edu/se184918.html
2桁+2桁,2桁-2桁,2桁x1桁までの 100マス計算が出来ます.これをやると頭がクリアに成る感じがします.

英単語学習ソフト P-Study System 公式サイト
http://www.takke.jp/
実は英検1級までの単語成らば,weblio の単語テストよりもこちらが良いです.1級の語彙問題で特に対策無しに 25点満点は無理だが 20点は安定して取れる様に成る.(25点を取るにも weblio の単語テストをやるよりも対策本の方が効果的だが,普通はリスニングやライティングの対策をする.) と言うか自分の中で weblio 不要説まで有ります.weblio をやっていた頃でも結局間違えた問題を手打ちで PSS (P-Study System) に入れて使っていました.正解回数が増える毎にランクも上がって行くのがやる気に成ります.

使い方の基本は追加問題集も含めて自分の学習したい問題集を追加しスマート学習で 4択モードR です.通常学習で問題集を << 自作問題集 >>/(アカウント名) とする事で,間違えた問題を復習や重点学習で正解率が低い問題を復習も出来ます.

但し,単語だけの独立した学習で PSS (P-Study System) を使うのは,英検1級受験者に限ると思います.まだその域に達してい無い方は多読する事で単語力引いては英語力を身に付ける段階に有ると思います.

英語以外の外国語も有ります.イタリア語フランス語ドイツ語オランダ語中国語モンゴル語ロシア語トルコ語ポルトガル語韓国語スペイン語が有ります.

Post a comment

Private comment

プロフィール

A6033x

Author:A6033x
数検1級取得しました.
個人的な連絡は,hermitvseinsiedler@_@gmail.com
まで(@_@は@に置換すること).
あまり見ないかも知れないのでその場合は twitter の方へ.
twitter:https://twitter.com/A603zw
そもそもネット接続自体減らして行く事になりますが...

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR